不動産担保カードローンとは?不動産担保カードローンのメリットデメリットと注意点。おすすめの不動産担保カードローンはこれだ!

man
「不動産担保カードローンって何?」
「不動産担保ローンと不動産担保カードローンは何が違うの?」
「不動産担保カードローンを利用すべき人はどういう人?」

不動産担保カードローンを提供する不動産担保ローン会社が増えてきました。今回は、不動産担保カードローンのメリットデメリットと注意点、おすすめの不動産担保カードローンについて解説します。

目次

不動産担保カードローンとは?

不動産担保カードローンとは?

不動産担保カードローンとは?

不動産を担保にしたカードローンのこと

を言います。

通常の不動産担保ローンは、多くの場合

不動産を担保にしたフリーローンのこと

を言います。

「不動産担保カードローン」と通常の「不動産担保ローン」の違い

「不動産担保カードローン」と通常の「不動産担保ローン」の違いには、「カードローン」と「フリーローン」の違いがあるのです。

「カードローン」の特徴

  • 資金使途自由
  • ローンカードが発行される
  • ローンカードを利用して、コンビニATMや銀行ATMでいつでも借りられる
  • 限度額の範囲内であれば、何度でも借入・返済ができる
  • 残高に応じて返済額が変わる残高リボルビング返済が採用される
  • 「フリーローン」と比較すると若干限度額が小さい
  • 「フリーローン」と比較すると若干金利が高い
  • 「フリーローン」と比較すると若干審査が厳しい

「フリーローン」の特徴

  • 資金使途自由
  • 契約時に必要資金を全額受け取る(現金・銀行振込)
  • 後は返済するだけ
  • 元利均等返済や元本均等返済が採用される
  • 「カードローン」と比較すると若干限度額が大きい
  • 「カードローン」と比較すると若干金利が低い
  • 「カードローン」と比較すると若干審査が甘い

という特徴があります。

これがそのまま不動産担保ローンの特徴になります。

「不動産担保カードローン」の特徴

  • 不動産に抵当権が設定される(担保になる)
  • 資金使途自由
  • ローンカードが発行される
  • ローンカードを利用して、コンビニATMや銀行ATMでいつでも借りられる
  • 限度額の範囲内であれば、何度でも借入・返済ができる
  • 残高に応じて返済額が変わる残高リボルビング返済が採用される
  • 「不動産担保ローン」と比較すると若干限度額が小さい
  • 「不動産担保ローン」と比較すると若干金利が高い
  • 「不動産担保ローン」と比較すると若干審査が厳しい
  • 事務手数料無料が多い

「不動産担保ローン(不動産担保フリーローン)」の特徴

  • 不動産に抵当権が設定される(担保になる)
  • 資金使途自由
  • 契約時に必要資金を全額受け取る(現金・銀行振込)
  • 後は返済するだけ
  • 元利均等返済や元本均等返済が採用される
  • 「不動産担保カードローン」と比較すると若干限度額が大きい
  • 「不動産担保カードローン」と比較すると若干金利が低い
  • 「不動産担保カードローン」と比較すると若干審査が甘い
  • 事務手数料有料が多い

個人の方が「カードローン」ではなく「不動産担保カードローン」を利用するメリット

個人の方が「カードローン」ではなく「不動産担保カードローン」を利用するメリット

メリットその1.カードローンよりも審査が甘い

一般的なカードローンの場合は

  • 無担保
  • 保証人なし

ですので、貸し倒れリスクが高く、銀行も、消費者金融も、厳しい審査をします。

一般的に、審査通過率は3割程度となっています。7割は審査落ちするのです。

また、カードローンの借入が2社、3社と増えてくれば、審査はさらに厳しくなってきます。

3社借り入れをしていると、ほぼ4社目のカードローン審査には通らなくなってしまうのです。

しかし、この場合、不動産担保カードローンであれば

担保として不動産があるので、銀行や消費者金融にとってみれば

  • 無担保のカードローンよりは、貸し倒れリスクが低い。
  • 万が一返済がされなかった場合は、不動産を売却することで融資した金額を回収できる。

という理由があるため

カードローンよりも、不動産担保カードローンの方が審査がかなり甘くなる

のです。

これは大きなメリットと言えます。

メリットその2.カードローンよりも低金利

前述した通りで

  • カードローン → 「無担保」なので貸し倒れリスクが高い
  • 不動産担保カードローン → 不動産という「担保」があるので貸し倒れリスクが低い

という関係にあるため

金利も「不動産担保カードローン」の方が低金利

に設定されています。

一般的には

  • カードローンの金利:15/0%~18.0%
  • 不動産担保カードローンの金利:5%~15.0%

となっています。

teacher
返済額を抑えるためには、「カードローン」よりも「不動産担保カードローン」の方が良いのです。

メリットその3.カードローンよりも総量規制がなく高額な借り入れが可能

カードローンの場合は、個人向けの無担保ローンですので「総量規制」というものが適用されます。

総量規制とは
借入額合計で年収の3分の1までしか借りられない

という規制です。

年収400万円の方の場合は、120万円までの借入しかできないのです。

しかし、不動産担保カードローンの場合は「総量規制の対象外」です。

有担保ローンは「総量規制」が関係ないのです。

担保にする不動産の価値が大きければ、年収以上の借入もできるメリットがあります。

メリットその4.おまとめ・借り換え利用しやすい

不動産担保カードローンの特徴として

  • カードローンと比較すると低金利
  • カードローンと比較すると限度額が大きい
  • カードローンと比較すると審査が甘い

ため、カードローンから不動産担保カードローンへの借り換え・おまとめ利用がしやすいのです。

例えば

  • カードローンA社:100万円・金利15.0%
  • カードローンB社:50万円・金利15.0%
  • カードローンC社:30万円・金利15.0%

総額:180万円

という状況の場合、これ以上のカードローン借入は、なかなか厳しいのです。

このときに

  • 不動産担保カードローンD社:180万円・金利8.0%

に借り換えることができれば、

利息額は

  • 借り換え前:180万円 × 年率 15.0% = 27万円
  • 借り換え後:180万円 × 年率  8.0% = 14.4万円

まで削減できるのです。

不動産担保カードローンは、おまとめ利用・借り換え利用に向いているのです。

個人の方が「カードローン」ではなく「不動産担保カードローン」を利用するデメリット

個人の方が「カードローン」ではなく「不動産担保カードローン」を利用するデメリット

デメリットその1.返済できなければ不動産を失う

不動産担保カードローンの最大のデメリットは

不動産を担保として提供しているのですから、返済が滞れば、金融機関は担保を売却して融資したお金の回収に充てることができるのです。

返済できなければ、担保の不動産が勝手に売却されてしまう

これが不動産担保カードローンを利用する唯一のデメリットと言えます。

法人・個人事業主が「ビジネスローン」ではなく「不動産担保カードローン」を利用するメリット

法人・個人事業主が「ビジネスローン」ではなく「不動産担保カードローン」を利用するメリット

メリットその1.限度額の範囲内で何度も借入・返済が可能

極度方式と呼ばれることもありますが「枠」が設定されて、その範囲内であれば、何度でも、借入・返済が可能になります。

資金繰りの状況に応じて、借入・返済ができる

メリットがあります。

資金繰りが厳しいときは借入をする
資金繰りが楽になったら返済する

という柔軟な資金繰りのフォローができるメリットがあります。

メリットその2.急な資金需要に対応できる

何度でも、借入・返済が可能なのですから

いざという時の資金需要のために「いつでも借りられる枠」を持っておく

というような使い方も可能です。

teacher

不動産担保カードローンの場合は、事務手数料が無料ですので、完済して枠だけ持っている分には、費用は発生しません。

この仕組みは、カードローンやビジネスローンと同じですが、不動産を担保にしているため、高額な枠を用意できるのです。ビジネス利用に適しています。

staff
急に大口の売上がなくなって、明日の支払いができない。

という状況になったとしても、会社の近くのコンビニATMで借入が24時間できるのです。

急な資金需要に対応できるのも、大きなメリットと言えます。

法人・個人事業主が「ビジネスローン」ではなく「不動産担保カードローン」を利用するデメリット

法人・個人事業主が「ビジネスローン」ではなく「不動産担保カードローン」を利用するデメリット

デメリットその1.「不動産担保ローン」よりも、金利が高い

「不動産担保カードローン」は、「不動産担保ローン」よりも

  • 借入・返済が何度でもできる
  • コンビニATM、銀行ATMで24時間365日

という利便性がある分

金利が高い

というデメリットがあるのです。

まとまった資金が必要であることが明確な場合は「不動産担保ローン」の方が金利が低金利で、返済負担が軽いのです。

デメリットその2.「不動産担保ローン」よりも、限度額が小さい

金利と同じように「不動産担保カードローン」は、「不動産担保ローン」よりも

  • 借入・返済が何度でもできる
  • コンビニATM、銀行ATMで24時間365日

という利便性がある分

限度額が小さい

というデメリットがあるのです。

同じ不動産を担保にして、お金を借りるのであれば「不動産担保ローン」の方が高額な借り入れができるのです。

おすすめの不動産担保カードローン

おすすめの不動産担保カードローン

ビジネクスト/不動産担保ローン

ビジネクストは

  • 不動産担保ローン
  • 不動産担保カードローン

の両方の不動産担保ローンを提供しています。

どちらも、法人・個人事業主向けの不動産担保ローンです。

金利

  • 不動産担保ローン:5.0%~15.0%
  • 不動産担保カードローン:5.0%~18.0%

限度額

  • 不動産担保ローン:最大1億円
  • 不動産担保カードローン:最大5,000万円

アイフル不動産担保ローン/事業サポートプラン

アイフルの法人・個人事業主向けの不動産担保ローンです。

アイフルは、消費者金融ですから、ローンカードの機能が整備されています。

アイフル不動産担保ローン/事業サポートプランは、ローンカードを利用した不動産担保カードローンなのです。

  • 金利:3.00%~12.00%
  • 限度額:最大1億円

ビジネスパートナー/不動産担保ローン

ビジネスパートナーの不動産担保ローンには

  • 不動産担保目的ローン
  • 不動産担保フリーローン

の2種類がありますが、どちらも、法人・個人事業主向けのローンカードが発行されるタイプの不動産担保ローンです。

金利

  • 不動産担保目的ローン:2.5%~9.5%
  • 不動産担保フリーローン:2.5%~15.0%

限度額

  • 不動産担保目的ローン:最大1億円
  • 不動産担保フリーローン:最大1億円

三井住友トラストL&F/不動産担保ローン

三井住友トラストL&Fには

いろいろな不動産担保ローンがありますが

  • 【不動産担保型】L&Fカードローン

という不動産担保カードローンがあります。

個人の方も、法人・個人情報の方も利用できる不動産担保カードローンです。

  • 金利:2.99%~8.90%
  • 限度額:最大1億円

不動産担保カードローンを利用する注意点

不動産担保カードローンを利用する注意点

通常の不動産担保ローンと比較して検討すべき!

「不動産担保ローン」と「不動産担保カードローン」の違いは

一般的に「不動産担保ローン」には

  • 低金利
  • 審査が甘い
  • 限度額が大きい

というメリットがあり

「不動産担保カードローン」には

  • 限度額の範囲内で借入・返済ができる
  • 24時間コンビニATM、銀行ATMで借入・返済ができる

というメリットがあります。

teacher

不動産担保ローン会社によって、メリットデメリットの差が大きい不動産担保ローン会社があれば、差が小さい不動産担保ローン会社もあるのです。

その不動産担保ローン会社の他の不動産担保ローンの条件を見比べて、比較することが重要なのです。

不動産担保カードローンの返済方法の違いに注意!

不動産担保カードローンの返済方法というのは

残高スライドリボルビング方式

を採用しているところが多いのです。

残高スライドリボルビング方式というのは

残高に応じて返済額が決まる返済方式

です。

残高が減れば、返済額も小さくなる

というメリットもあるのですが・・・

逆に言えば

残高が減れば減るほど、返済額が小さくなるので、いつまでたっても、完済できない

というデメリットもあるのです。

teacher
残高リボルビング方式の不動産担保カードローンを利用するときは、繰り上げ返済をしながら、早期完済を心がけましょう。

まとめ

不動産担保カードローンとは?

  • 不動産を担保にしたカードローンのこと

を言います。

個人の方が「カードローン」ではなく「不動産担保カードローン」を利用するメリット

  1. メリットその1.カードローンよりも審査が甘い
  2. メリットその2.カードローンよりも低金利
  3. メリットその3.カードローンよりも総量規制がなく高額な借り入れが可能
  4. メリットその4.おまとめ・借り換え利用しやすい

個人の方が「カードローン」ではなく「不動産担保カードローン」を利用するデメリット

  1. デメリットその1.返済できなければ不動産を失う

法人・個人事業主が「ビジネスローン」ではなく「不動産担保カードローン」を利用するメリット

  1. メリットその1.限度額の範囲内で何度も借入・返済が可能
  2. メリットその2.急な資金需要に対応できる

法人・個人事業主が「ビジネスローン」ではなく「不動産担保カードローン」を利用するデメリット

  1. デメリットその1.「不動産担保ローン」よりも、金利が高い
  2. デメリットその2.「不動産担保ローン」よりも、限度額が小さい

というものがあります。

teacher
不動産担保カードローンには、メリットデメリットがあるので、不動産担保ローンとの違いを正確に把握した上で、不動産担保ローンを比較検討すべきです。